行きたい場所へ連れていってくれる観光タクシー

私達が日常タクシー乗り場から乗車する、あるいは手を上げて走行中に停める車両の場合、一旦乗り込んだ時点で初乗り運賃が発生します。走行途中に行き先変更をしたり、一旦到着後に引き続き同一車両を利用する場合にも、利用時間と走行距離に対する利用料金が生じ続けます。結果偶然つかまえたタクシーを、幾度も乗降を重ね、到着先で待機させると、最終的な利用料金は相当高額となってしまいます。複数の目的地へ、自身の意図する順番で確実に訪問する上では便利なタクシーですが、これでは費用面の負担のデメリットが勝ってしまいます。

対して全国各地で人気を博している、予約制の観光タクシーの場合、契約時点で定額料金が確定しているため、利用時間内で追加料金が発生することはありません。また観光タクシーという名称ですが、全国各地の観光地案内に限らずさまざまな場面での移動手段として用いられており、個人、団体、企業など、幅広い利用者のニーズに確実に応えてくれる交通手段として、評価を集めています。

例えば企業の視察、研修など、訪問日程が事前に決まっている場合、観光タクシーを移動手段として確保しておくことがおすすめです。外部の第三者が居合わせない車内空間ですので、社内秘に抵触するような会話も大丈夫ですし、研修中であれば、社員間のコミュニケーションを図る時間としても有効活用をすることが可能です。あるいは特別待遇が必要な相手の送迎や接待であれば、観光タクシーのハイヤー車種を準備すると良いでしょう。経験豊富なベテランドライバーが、プロの接客と運転で、安全確実な送迎を実践してくれます。もちろん急な行程変更が生じた場合でも、土地勘にすぐれたドライバーなので、道に迷うことなく、迅速確実に目的地を目指してくれます。この安心感が、観光タクシーならではの魅力です。

そんな観光タクシーを活用したい場面の一つとして挙げられるのはやはり、気の合う仲間との旅行中の移動でしょう。車中は自分達だけの楽しい個室空間ですから、おしゃべりに興じても周囲への遠慮は不要ですし、思いつきで急遽行き先変更を運転手にお願いしても、何の問題もありません。地元に精通したベテランドライバーは接客対応もバッチリなので、意気投合して、より一層にぎやかな移動時間を過ごせるようになります。一生の思い出となる旅行を安全運転とプロの接客、そして心地良い車両空間でサポートしてくれる、観光タクシーの利用を、ぜひ計画に盛り込んでみましょう。