視察や研修に観光タクシーの有効活用を

事前に日時や移動行程の詳細が確定している視察や研修など、ビジネスシーンにおける移動手段としても、観光タクシーが全国各地で活躍しています。たとえば10名未満の視察団一行であれば、1台のジャンボタクシーで移動をすることが可能です。道中は鉄道のように見知らぬ第三者の乗客が乗り合わせることもないので、関係者だけの空間を確保できます。直前まで周囲を気にせず最終打ち合わせをすることができるでしょう。

また大切な取引先の方が来る場合や、社内でVIP対応が必要な人物の視察であれば、観光タクシーのハイヤータイプの選択がおすすめです。黒塗りで屋根にあんどんのない高級車を、必要な場面のみピンポイントで利用できるのも、観光タクシーならではのメリットです。もちろん運転手は確かな運転技術と接客対応を約束するベテランです。そのため、その場で確保したタクシーを利用した場合に懸念されるような、乱暴な運転や失礼な接客対応を心配する必要はありません。

さらに企業内研修の移動の足としても、観光タクシーを活用することができます。中途採用した少人数の人材、あるいは中小企業の少人数の新卒社員の足として、必要に応じた車種を選択することが可能です。こちらもジャンボタクシーで移動中にコミュニケーションを図るようにすると、より密度の濃い研修効果が期待できるでしょう。

その他福利厚生の一環として、会社主催の各種レクリエーションやイベント会場への送迎をする場合や、社員旅行など、観光タクシーの利用が視野に入る場面は少なくありません。事前に見積もりを確認した上で定額利用をするシステムなので、一人あたりに要する費用の負担を軽減できるだけでなく、経理処理上のメリットもあります。全国各地で利用をすることが可能なこのサービスは、専用サイトを通じて関連情報を確認することができ、そこから見積もりを確認したり予約をしたりすることも可能です。

一度利用した企業の多くがリピーターとして活用していることからも、観光タクシーのメリットの大きさが伺い知れるでしょう。これまでの視察や研修などを振り返り、移動手段に改善の余地を痛感している、重要な社内のイベントが控えている担当者の方は、ぜひ視野に入れておきたい移動手段です。全国各地で観光タクシーサービスを提供中の業者が点在しており、それぞれ対応可能な車種や利用料金が異なります。まずはこうした情報を専用サイトにアクセスして確認を行い、自身の会社の都合と計画中のイベントに最適なサービスをピックアップしてみましょう。